トイレの水漏れの原因について

トイレの水漏れの原因について トイレ 水漏れにはさまざまな原因があります。原因を追究するとともに、可能であれば自身で修理できるといいですが、うまくいかないこともあります。どうしても直らない時はもちろん専門業者に依頼するしかありませんが、その前に自身でできることもありますので、知識を身につけて役立てましょう。

■水漏れが発生したらどうすればいいか

まずは水を止めることから始めましょう。一般的なトイレには横に止水栓というのがあります。トイレのタンクに繋がっているパイプの所に溝がありますので、マイナスドライバーで回してみてください。止水栓がわからない場合は家そのものの水を止める必要がありますので注意が必要です。水道メーターの隣に回せる部分がありますので、そちらを回して栓を閉めましょう。
水を止めることができたら、次は何故水漏れがおきたのか原因を特定する必要があります。考えられる原因は、便器の破損やタンク内の部品の破損、タンク外装の破損やウォシュレットの故障、ホースや接続部の水漏れや結露などがあげられます。これらの中のどれに当てはまるのかは実際に触ってみるのが最も分かりやすい方法で、その際濡れている場所の中で最も高い場所が原因となっている可能性があります。

■水漏れの原因を考える
濡れている場所がタンクよりも下の場合は便器の破損、手を洗う所の蓋ならタンク内の部品の破損、タンクと便器の間の場合はタンク外装の破損、ホースや連結部分の場合はホースの問題が考えられます。ウォシュレットを調べる際は、一度電源を落としてみてください。それによっておさまるようであれば、原因はウォシュレットの故障による可能性が高く、水漏れが止まらないようであれば、タンク内の部品の破損が疑われます。これらの中のいずれにも当てはまらない場合は止水栓を開けて水を拭き取りましょう。しっかりと換気を行って水漏れがないようであれば結露の可能性も考えられます。
ウォシュレットの故障が疑われる場合は、感電を予防するためにもまずはコンセントを抜くことが大切です。そして栓の緩みも考えられますので少し締め直してみてください。
タンクの故障が疑われる場合は部品の交換が最も簡単な方法です。ホームセンターで取り扱っている場合もありますし、メーカーに直接問い合わせてみるのもおすすめです。また、手を洗うところや便器の水が止まらないといった場合もトイレ 水漏れに当てはまります。ゴミが挟まっていたり鎖が絡まっていることもありますので確認してみましょう。
他にも、タンクの上から水が漏れている場合はボールタップの故障や劣化が考えられますし、タンクの下から水が漏れている場合はタンクと便器の接続部分のパッキンから水漏れしている可能性がありますのでそちらの交換が必要になります。

■専門の業者に依頼する

上記の方法で解決しない場合は、個人ではどうすることもできませんので専門の業者に依頼するしかありません。予めどの辺りが故障したのかを把握しておくことによって、業者の方でも状況がわかり、依頼する際スムーズに話が進んでいきます。応急処置などについてもアドバイスしてもらえるので、いずれにしても現状を正確に理解しておくことは、被害を最小限に食い止めるためにも必要です。



■まとめ
長年暮らしていると住まいとともに水回りも劣化しますので、さまざまな事態に遭遇する可能性があります。急な事態に対応するためにも、ある程度の知識を身につけておきましょう。
また、被害を大きくしないためにも日頃からちょっとした変化を見逃さないように意識しておいてください。ちょっとした変化でも何日分も合わせるとそれなりの被害になりますので気をつけなくてはなりません。とはいえ機械はいずれ故障するものですし、素人が手を出さない方が良い場合もありますので、修理しても直らない場合は専門業者に依頼してしっかりと直してもらうことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース